2018 RECRUITING SITE

ENTRY

MY PAGE

MENU

採用編

採用に関してどのような点を重視しているのですか?
将来どうなりたいのか、コタに入って何をしたいのかというような、目的意識を明確に持っていること、自分自身も成長していこうという意欲を持っていることを重視しています。
採用スケジュールを教えてください。
詳しくは選考フローのページでご案内しておりますので、そちらをご参照ください。
「選考フロー」のページへ
入社するまでに何か資格取得が必要でしょうか?
総合職につきましては、普通運転免許は大学を卒業するまでに必ず取得しておいてください。そして、運転に慣れておいていただきたいです。これは、当社に限らず、どこの会社の総合職であってもいえることです。また、経営について知識を深めていく仕事なので、今後仕事を行っていく上では、簿記は有効になる資格です。ただ、就職活動においての資格は、自己アピールするための一つの道具にすぎませんので、資格の取得の有無で合否が決まってしまうことはありません。
エントリーの時に希望職種を申告できますか?
当社は、採用を計画している職種をそれぞれ限定して採用活動をしていますので、入社後はその通りの職種に就いていただくことになります。

▲ページトップへ

福利厚生編

福利厚生について教えてください。
各種社会保険、財形制度、従業員持株制度、退職金制度、社員旅行(会社から補助金あり)、企業年金制度等があります。寮・社宅はありませんが、住宅手当という形で補助金を支給しています(地域によって設定額が異なります)。 クラブ活動は、京都本社のみですが、フットサル部、ゴルフ部が活動を行っています。
独身寮や社宅、住宅手当について教えてください。
寮や社宅の制度はありません。「住宅手当」(毎月・独身者27歳まで・既婚者5年間)と、「礼金・敷金・保証金補助手当」(転任時)が支給されます。ただし、これらは入社時に営業職で採用地以外に配属(転任)となった従業員に対しての制度で、採用地に配属になった人には支給されません。金額は、地域によって相場が違うので各地域で調査して算出しています。
働く女性を支援する制度にはどのようなものがありますか?
子を養育するための、「パパ・ママ育休プラス」「出産後8週間以内の父親の育児休業取得の促進」「時間外労働・深夜業の制限」「労働時間短縮制度」「時差出勤制」「看護休暇付与:子1人であれば年5日(有給)、子2人以上であれば年10日(5日を超える分から無給)」や「介護休暇付与:要介護状態の対象家族が1人であれば年5日間(無給)、2人以上であれば年10日(無給)」などが制度化されており、取得の実績もあります。
どのような資格が手当の対象になりますか?
まず、漢字検定3級は全社員の必修科目となっており、営業職に関しては、色彩検定3級も必修科目となっています(ともに支給手当なし)。営業職に関しては、日商簿記2級、色彩検定2級、インテリアコーディネーターなどの資格が手当の支給対象となります。また、TOEIC 500点以上、販売士2級、ファイナンシャルプランナー、中小企業診断士と難易度によって資格手当の額も変わり、担当職務に有用な資格取得につなげています。

▲ページトップへ

勤務地・配属編

入社後の配属はどのように決定するのですか?
営業職以外の方は本社(京都)勤務になります。営業職は、入社後、希望勤務地を提出していただきます。ただ、特定の営業拠点に希望が集中した場合、全員を同じ拠点に配属することは考えられませんし、提出していただいた希望勤務地が必ずしもその人の成長に合うとは限りません。このようなことを加味して決定します。
入社後の転勤はありますか?
時期や周期についての決まりは特にありません。会社の事情(営業所の新設に伴う人員配置や増員・欠員に伴う異動など)とそれぞれの人の事情や希望、その人の持った素養、適性など、さまざまな要素を考慮して人事異動を行います。
入社後の職種変更はありますか?
当社は職種をそれぞれ限定して採用しており、職種変更はありません。ただし、入社後、ご本人の適性や能力、あるいはご本人の事情などによって配属部署の異動があります。
理系ですが、営業職に応募することはできますか?
ご応募いただけます。営業職は、学部学科不問です。

▲ページトップへ

仕事編

新入社員研修について詳しく知りたいのですが。
入社後約1ヶ月間は全員の方を対象に、社会人としてのルールやマナーをはじめ、当社の歴史や変遷、研究開発や製品知識、工場研修、社外研修など、基本的なことについての研修を行います。その後、営業以外の部署への配属予定者の方は各部署に仮配属となり実務を通してのOJTとなります。営業部配属予定者の方はそれからさらに1ヶ月間、専門的な製品知識・毛髪化学等にはじまり、旬報店システムを基本とするコンサルティング・セールスの基礎、講習実技などを勉強していただきます。 その後、各支店・営業所に配属となり、現場でのOJT実習を行い、トータルとして1年間くらいは研修期間ということになります。
営業の一日の仕事の流れを教えてください。
一般的な流れとしては、週のうち1日は内勤業務(棚卸し、事務作業、講習資料の作成、社内ミーティング等)、他の日が外勤業務になります。 外勤業務は、午前中、美容室様からの受注業務等を行い、昼までには営業に出ます。既存取引先の折衝、集金、新規開拓(自分で効率を考えて予定を作成)と日々、仕事内容は変わります。本質的な折衝や講習会等は、美容室様の営業時間が終わってからとなるため、仕事が深夜に及ぶケースもあります。
営業第二部の勤務時間には、9時30分~18時と13時~22時30分の出勤体系があるのは何故ですか?
当社の業界は、営業活動として夜間に折衝、講習することがあります。毎日遅いと、健康を損ねることにもなりかねません。そのため、当日の夜間業務がある場合、あるいは前日の業務が夜間になった場合、午後からの出勤も選ぶことができます。ただし、事前に所属長の承認を得ることとなっています。
一人前の営業担当者になるまで、どのくらいかかりますか?
個人差はありますが、当社のコンサルティング・セールスの基本的なことがひと通りできるようになるには、3年くらいの年数が必要です。ただ、お客様の経営に関するさまざまなコンサルティングを行うわけですから、日々勉強であり、経験を通してどんどん「人間力」をつけていただきます。
ノルマ(歩合制度)はありますか?
当社には「歩合」という制度はありませんので、達成の度合いによって給与支給額が変動するものではなく1年を通じて固定です。評価期間における予算への功績を、賞与、人事考課、昇給評価へと影響させるシステムをとっています。
営業方法を教えてください。
基本的には、新規開拓です。「モノを売る」販売や製品の説明もさることながら、美容室の現状や今後の展望を踏まえて、お店(美容室)を繁栄させるために経営者へ提案をしていきます。コタの存在意義を伝え、オーナーにご理解、共感していただくことからすべてが始まります。よって他社とは販売しているモノ、取り組んでいるスタンスがまったく違うとお考えください。
コンサルティング・セールスを行っている同業他社はありますか?
他社については正直なところわかりませんが、当社では創業以来、「お取引先である美容室の繁栄が当社の繁栄につながる」という理念のもと、お取引先美容室の業績向上、バランスの取れた成長のため、アドバイスを行っています。このコンサルティング・セールスが当社独自の営業戦略であり、業界の中でも他社にはない、当社の最大の特徴となっています。
旬報店(じゅんぽうてん)システムとはどのようなシステムなのですか?
旬報店システムとは、当社のお取引先美容室様から日々の営業データを送っていただき、当社独自のソフトウェアで分析した結果を共有しながら業績向上を図るシステムです。
具体的には、美容室様の売上高や来店客数、パーマ客数、年齢層などのデータを送っていただき、その分析結果に基づいたアドバイスを営業担当者が行っています。なお、このようなデータの分析とアドバイスに関しては、当社の製品をすべてご使用いただくという前提で行っていますので、美容室からコンサルティング料のようなフィーは一切なく、無料で提供させていただいています。
ジョブローテーションについて教えてください。
ジョブローテーションの時期や周期については、特に決まりはありませんが、個人のスキルアップや職務改善のために、それぞれのセクション内で職務内容を適時見直し、ローテーションを行います。

▲ページトップへ

その他

環境問題への取り組みについて教えてください。
当社では創業以来、製品の製造工程において環境や人体にやさしい原材料を使用することを念頭に、フロンガスの不使用、塩化ビニール製容器の全廃などに取り組んできました。また、企業として環境保護にいかに取り組むかが重要な経営課題の一つであるということを認識し、平成17年に「KES・環境マネジメントシステム・スタンダード ステップ2」の認証を取得いたしました。 そのほかにも、できることから取り組むというスタンスでさまざまな活動を行っています。
「会社概要」のページへ
現在の支店・営業所の所在地を選択した理由は?また人数を教えてください。
当社の営業形態は、代理店営業と、直販営業とに分かれています。よって、お互いが、効果的に機能し、さらに市場、マーケットの成長性など、営業戦略を十分に練り、これまで支店・営業所の開設を行ってきました。 各支店・営業所の営業担当者の人数は、仙台:6名、東京:14名、横浜:6名、千葉:6名、名古屋:15名、金沢:11名、京都:9名、大阪:4名、岡山:7名、熊本:4名、鹿児島:5名(平成28年9月末時点)
なぜ、一般の小売店で製品を販売しないのですか?
当社は創業以来、「お取引先美容室の繁栄が、当社の繁栄につながる」という考えのもと、お取引先美容室の業績向上をお手伝いすることで、これまで着実に成長を続けてきました。当社の製品は、その特性上すべて美容室専売品となっており、美容室でご購入いただくことを原則としています。したがいまして、当社が一般の小売店やインターネットなどで製品を販売することは、美容室の業績向上を妨げることになり、当社の考えに相反する行為となるため、今後も一切行うことはありません。
製品開発の方法を教えてください。
研究部、生産部など、各部署の選抜されたメンバーにより、プロジェクトチームを立ち上げます。美容室へのヒアリング・リサーチから情報収集し目標性能を設定し、製品コンセプトから販売計画まで、妥協なき議論と厳正な検証で、製品づくりを行っています。
「コタのものづくり」のページへ
女性の採用実績(営業職)について教えてください。
現在8名の女性社員が営業職で在職しています。当社には、たくさんの女性からご応募をいただきます。それに伴い、会社説明会では、当社で働いてきた女性社員の事例を挙げ、この業界の営業職で女性が働くことについて、しっかりお話をするようにしてきました。これは、入社前の業界イメージと、入社してからのギャップを無くしてほしい、退職者を出したくないという思いによるものです。(平成28年9月末時点)
平均年齢を教えてください。
約34歳です。会社の歴史がまだまだ浅いということもありますが、30歳前後の人が、当社の中心になって活躍していることが一番の要因だと考えています。
今後の海外進出について教えてください。
アジア諸国やその他の国からも引き合いがありますが、流通面や価格面でクリアしなければならないハードルが多いと認識しており、現在の段階では海外に積極的に進出していくという方向ではなく、国内でしっかりと、当社のお客様を増やしていくことが重要であると考えています。

▲ページトップへ