COTA

社長からのご挨拶

着実な成長路線を歩みながら人に、
社会に、環境にとって「いい会社」で
あり続けることをめざします。

代表取締役社長 小田 博英
代表取締役社長
小田 博英
1959年10月3日生まれ、
京都府出身。
2004年、代表取締役社長に就任。
美容室とコタの共存共栄
当社はオイルショックが起こった厳しい時代に創業しました。そのような状況でビジネスを始めるとき、まず考えたのがお客様である美容室への想いです。当社がシェアを拡げても、美容室にとっては、他社から当社へ仕入先が変わるだけで違いはありません。それよりも、お取引をいただいた美容室が繁栄することが当社の繁栄にもつながる、そうして初めて双方にメリットがあるのではないか、と考えたのです。美容室の繁栄のためにできることをお手伝いしよう。この想いから創業精神に「美容業界の近代化」を掲げ、その具体的施策として当社では「旬報店(じゅんぽうてん)システム」を軸とした「コンサルティング・セールス」と、「トイレタリー」の販売を中心とした「店販戦略」を展開しています。これらは競合他社にはない当社独自のビジネスモデルです。
テーマとした製品開発
ロングセラー製品を多く抱える当社ですが、もちろん新シリーズの投入も必要です。研究開発部門ではスタッフを大幅に増員し、製品分野ごとのチーム制のもと、将来を見据えた研究開発を進めています。それとは別に営業・企画・資材・生産など全部門のスタッフによる製品開発委員会を組織し、新製品のコンセプトワークから最終的な製品チェックまでを一貫して行っています。
また、人体や環境に悪影響を与える成分を使用しないなど、「安全・安心」をテーマとした製品開発にもいち早く取り組んできました。今後も「安心・安全」な製品の開発を進めていきます。
美容業界(美容室経営)の近代化の実現
当社は、「美容室とともに歩む 美容室とともに発展する」という考え方のもと、多くの美容室経営者の皆さまと創業精神である「美容業界(美容室経営)の近代化」という志を共有し、その実現と美容業界の発展のために邁進してきました。
今後も、美容室経営者の皆さまとともに、次世代を担う若者が夢を叶えることができる「魅力に満ちた業界」を目指していきたいと考えています。