COTA

COTA BASIC

基礎となる考え方

基礎となる考え方 創業精神 基本理念 創業理念 経営理念 部門方針

当社の創業の目的と存在意義である「創業精神」をはじめ、創業時から会社として永遠に目指しているものである「創業理念」、会社経営を行う目的である「経営理念」、部門で共有する方針である「部門方針」、そして、すべての役員および従業員が目指すべき会社のあり方である「基本理念」を表したものであり、不変の「判断基準」です。
当社では、すべての役員および従業員が「COTA BASIC(コタベーシック)」を共有し、創業精神である「美容業界(美容室経営)の近代化」の実現を目指しています。

COTA BASIC MOVIE

創業精神(創業の目的・当社の存在意義)

美容業界(美容室経営)の近代化

常務取締役片山 正規(かたやま・まさのり)

美容室の企業としての永続的発展を促しながら、業績を向上させることで生産性を向上させ、労働環境の整備や公私混同を脱した近代的な財務会計による企業経営に導くという、当社の創業の目的を明確に示したものです。
当社は、「美容業界の近代化につながるかどうか」をすべての判断基準としています。

創業理念(創業時から会社として永遠に目指すもの)

美を愛する心 文化を愛する心 平和を愛する心

取締役経理部長廣瀬 俊二(ひろせ・しゅんじ)

多くの人が美しいものに憧れ、美を愛する心を抱けば、そこに文化が生まれ、その文化を大切に愛する心があれば、争いもなくなり平和を愛する心と世界が広がるという創業当時の想いを表したものです。

基本理念(役員・従業員全員が共有し目指している会社のあり方)

「いい会社」を目指し続ける

取締役総務部長平田 律雄(ひらた・りつお)

当社がイメージする「いい会社」とは、売上高の規模が大きかったり、立派な建物であったりする会社ではなく、社内で働く従業員一人ひとりの前向きな意識がつくり上げるものと考えています。それが従業員の高い倫理観やモラルの醸成につながり、ひいては当社と出会えて良かったと思えるような「いい会社」であり続けられる基礎になると考えています。
当社では、さらに「いい会社」へステップアップするため、常に全員が考え行動するよう努めています。

経営理念(会社経営を行う目的(公器性・永久性))

私たちは創業理念を深く心に刻み世のため、人のために事業を継続させます

取締役CS部長則包 正二(のりかね・しょうじ)

「世のため」とは、1円でも多く納税し、1人でも多く雇用することであり、
「人のため」とは、株主、顧客(代理店、美容室)、取引先(仕入先、金融機関等)の方々が、当社に期待されていることを実現し、従業員の経済的豊かさと幸福感を高めることです。

部門方針(部門で共有する方針)

取締役営業第二部長山﨑 正哉(やまさき・しょうや)

創業精神である「美容業界の近代化」の実現に向け、各部門においては、「お取引先である美容室の繁栄が当社の繁栄につながる」という基本的な考え方を堅持し、次のような方針を持って取り組みます。


営業関連部門
独自のビジネスモデルである「旬報店システムを軸としたコンサルティング・セールス」及び「トイレタリーの販売を中心とした店販戦略」の実践を通じて、美容室の業績向上に努めます。


生産部門
「安心・安全」なものづくりにより、高品質な製品を市場に安定的に供給することで、当社や当社製品に対する信頼の向上に努めます。


研究開発部門
髪から女性を美しくする高付加価値、かつ、エンドユーザーに対して「安心・安全」な製品の開発及び品質管理に努めるとともに、産学連携を含めた各分野における基礎研究を進めます。


管理部門
「美容業界の近代化」の具体的な手本となるべく、人材育成、管理体制の整備等に注力し、全社でより「いい会社」を目指せるよう、各部門をバックアップし牽引します。